ホーム > 研究内容 >ABSによるユーザの相互作用を考慮したSNS運用手法の分析(稲垣 2010)

ABSによるユーザの相互作用を考慮したSNS運用手法の分析(稲垣 2010)

近年、インターネット上のSNSの一形態であるYoutubeなどのコンテンツ投稿型サイトが注目されている。投稿型サイトでは、運営者が特定の作品やジャンルについてキャンペーンを行うことがある。その実施計画において、企画対象とする作品の選択、キャンペーン期間、ユーザの各選好クラスタにおける影響を事前評価することが運営者には必要である。しかし、既存の評価手法ではユーザの選好・行動頻度やコメントなどの相互作用の影響を考慮した運用手法の評価が困難である。本研究では、それらの影響を考慮した運営施策の評価手法を提案した。そして、サイトの実データを用いて実際のユーザ特性を再現した運用シナリオ分析を行い、コンテンツタグの出現頻度別で企画を行った際の影響評価を行った。なお、モデル構築には、社会シミュレーション言語SOARSを利用しています。

2010年度 工学修士 稲垣浩

ページのトップへ
Copyright (C) Deguchi Lab. Since 2002. All rights reserved.
degulab[at]cs.dis.titech.ac.jp