トップ > 研究発表 > 発表論文(02-06)

発表論文(02-06)

出口研究室にて、2002年から2006年に発表された研究成果を、まとめています。 詳細を知りたい内容がありましたら、問い合わせ先までご連絡ください。

2006年発表

著作

  1. Kazuhito Ogawa, Yuhsuke Koyama and Sobei H. Oda,: An Experimental Approach to Market Microstructure -Search and Market Efficiency-,Journal of Socio Economics, vol35, p412-p439,2006年
  2. 塩沢 由典, 松井 啓之, 谷口 和久, 中島 義裕, 小山友介,『人工市場で学ぶマーケットメカニズム―U‐Mart経済学編』,共立出版,2006年
  3. 進化経済学会(編),『進化経済学ハンドブック』,共立出版,2006年 用語解説 (執筆項目は、レプリケータ・ダイナミクス,個体群動学,フィットネスランドスケープ,信頼)(小山友介)

学術論文

  1. H. Deguchi, Y. Kanatani, T. Kaneda, Y. Koyama, M. Ichikawa, and H. Tanuma, “Social Simulation Design for Pandemic Protection,” Proceeding of the First World Congress on Social Simulation, Vol.1, pp.21-28, 2006.
  2. H. Deguchi, Y. Kanatani, T. Kaneda, Y. Koyama, M. Ichikawa, and H. Tanuma, “Anti Pandemic Simulation by SOARS,” SICE-ICASE International Joint Conference 2006, pp.18-21, 2006.
  3. 出口弘、エージェントベース社会システム科学の方法論的基礎、The Journal of Science Policy and Research Management、Vol.21, No.2, pp.170-175, 2006
  4. 小山友介,「日本ゲーム産業の共進化構造―イノベーションリーダーの交代―」,『ゲーム学会誌』,Vol.1, No.1,p63-p68,2006

口頭発表

  1. 佐々木実,小山友介,出口弘,「液晶市場の競争モデルに関する研究」,計測自動制御学会 システム・情報部門 第38回システム工学部研究会,2006
  2. 佐々木実,小山友介,出口弘,「設備投資産業における企業競争のモデル化と需給構造の再現」,創発シンポジウム2006,2006(Poster)
  3. 斉藤 誠,小山友介,出口弘,「商圏の顧客吸引力分析のエージェントシミュレーションモデル」,創発シンポジウム2006,2006(Poster)
  4. 大戸 暢雄,小山友介,出口弘,「環境問題を考慮したグリーン購入エージェントによるグリーン製品の価格変化」,創発シンポジウム2006,2006(Poster)
  5. Hiroshi Deguchi, Yasuhiro Kanatani, Toshiyuki Kaneda, Yusuke Koyama, Manabu Ichikawa, Hideki Tanuma, "Social Simulation Design for Pandemic Protection", The First World Congress on Social Simulation. Proceeding, Vol.1, pp.21-28, 2006
  6. Manabu Ichikawa, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, “The Introduction of a Basic City Simulation Model”, International Simulation And Gaming Association(ISAGA), July 2006
  7. Minoru Sasaki, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi,"Evaluation of The Product-line Policies of The Firm in The High-tech Industry with Agent-based Approach", International Simulation and Gaming Conference(ISAGA), 2006
  8. 小山友介,「家庭用ゲーム産業の開発効率についての一考察-発売延期率分析-」,進化経済学会,北海道大学,2006年
  9. 小山友介,「家庭用ゲーム産業の活性現状分析-1996年~2004年の販売トップ100データより」,情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会,成蹊大学,2006年
  10. 出口 弘, 金谷泰宏, 兼田敏之, 小山友介, 市川 学, 田沼英樹, “社会シミュレーションによる大規模感染症防止対策の制度設計,” 第65回日本公衆衛生学会総会予稿集, pp.887, (O13-006,11261), 2006.
  11. 出口弘,金谷泰宏,兼田敏之,小山友介,市川学,田沼秀樹,社会シミュレーションによる大規模感染症防止対策の制度設計,第65回日本公衆衛生学会総会,2006年
  12. 市川学,小山友介,出口弘,駅勢圏を中心とした都市圏シミュレーションモデル,日本シミュレーション&ゲーミング学会 秋季全国大会,2006年
  13. 出口弘,小山友介,田沼英樹,市川学,諸藤秀幸,倉田正,白潟宏之,SOARSを利用したサンプルオンラインゲームの紹介,日本シミュレーション&ゲーミング学会 秋季全国大会,2006年
  14. 諸藤秀幸,市川学,小山友介,出口弘,公共調達制度の体験ゲーミング,日本シミュレーション&ゲーミング学会 秋季全国大会2006年

その他

  1. 小山友介, 書評:『それは『ポン』から始まった―アーケードTVゲームの成り立ち(赤木真澄,アミューズメント通信社,2005年)』,『シミュレーション&ゲーミング』,Vol.16, No.1,2006
  2. 小山友介, 書籍内での紹介(Webページ):岡本真,『これからホームページをつくる研究者のために』,築地書館,2006年

2005年発表

著作

学術論文

  1. Ko Ishiyama, Shusuke Komuro, Hideki Tanuma, Yuhsuke Koyama and Hiroshi Deguchi: Evaluation of Transaction Risks of Mean Variance Model under Identical Variance of the Rate of Return - Simulation in Artificial Market -, AI and Simulation: Theory and Applications, Springer-Verlag, Lecture Note for Artificial Intelligence 3397,p42-p49,2005
  2. Manabu Ichikawa, Hideki Tanuma, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi: A Disaster Relief Simulation Model of a Building Fire", AI and Simulation: Theory and Applications, Springer-Verlag, Lecture Note for Artificial Intelligence 3397,p33-p41,2005
  3. Takahiro Kitakubo, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi: The investigation of the agent in the artificial market", AI and Simulation: Theory and Applications, Springer-Verlag, Lecture Note for Artificial Intelligence 3397, p215-p223,2005
  4. H. Tanuma, H. Deguchi, and T. Shimizu, “Hardware implementation of parallel SOARS using FPGA based multiprocessor architecture,” Post-Proceeding of the AESCS International Workshop 2005, pp.199-206, 2005.
  5. Manabu Ichikawa, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, "A Basic Simulation Model for Evaluating Social Phenomenon", Proceedings of the Fourth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems(AESCS), pp.250-261, July 2005
  6. K. Ishiyama, S. Komuro, H. Tanuma, Y. Koyama and H. Deguchi, “Evaluation of Transaction Risks of Mean Variance Model under Identical Variance of the Rate of Return - Simulation in Artificial Market,” Artificial Intelligence and Simulation, LNAI 3397, pp.42-49, 2005.
  7. M. Ichikawa, H. Tanuma, Y. Koyama, and H. Deguchi, “A Disaster Relief Simulation Model of a Building Fire,” Artificial Intelligence and Simulation, LNAI 3397, pp.33-41, 2005.
  8. Manabu Ichikawa, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, “A Basic Simulation Model for Evaluating Human Society and Social Phenomenon”, International Simulation And Gaming Association(ISAGA), June 2005
  9. Ko Ishiyama, Hideki Tanuma, Yusuke Koyama, Hiroshi Deguchi: Design of a Hybrid-Learning Environment Based on SOARS, 3rd Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2005), IEEE Computer Society ,p173-p178,2005
  10. Hiroyuki Matsui, Yusuke Koyama, Ko Ishiyama: A Report of Large-Scale Gaming Simulation using a U-Mart System in Economic Education, 3rd Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2005), IEEE Computer Society ,p179-p184,2005
  11. 出口弘、プラットフォーム財のロックインと技術革新、京都大学経済学会経済論論叢、Vol.175, No.3, pp.18-44, 2005
  12. 李皓, 出口弘, ハイテク産業の企業戦略のエージェントベースシシミュレーション&ゲーミング --ヒューマンエージェントと人工知能エージェントが混在するハイブリッドシミュレーションモデル--、シミュレーション&ゲーミング, Vol.15, No.1, pp.1-12, 2005
  13. 小山友介,「進化経済学の道具箱~代替パラダイムの構築は可能か?~」,『社会・経済システム』,No26,p127-p134,2005年
  14. 小山友介,「エージェントベースシミュレーションの変質と経済学からの乖離」,『広島国際研究』,Vol.12,p55-p70,2005年
  15. 出口弘、エージェントベース社会システム科学の創出、情報処理、Vol 46, No.5, pp.508-514, 2005
  16. 小山友介,「社会学における実験アプローチ---方法論,コンピュータの利用,実践例」,大浦宏邦(編), 『秩序問題への進化論的アプローチ』,p210-p232,2005(科学研究費成果報告書)

口頭発表

  1. 入江圭太郎,小山友介,出口弘,「ABMによる外国為替市場に関の研究」,進化経済学会論文集第9集,2005年3月26-27日,pp577-582
  2. 北窪 貴光,小山友介,出口弘,「エージェントベースモデリングによる電力市場の制度に関する研究」,計測自動制御学会 システム工学部研究会,2005
  3. 山本一徳,小山友介,出口弘,「SOARS を用いた村落の人口減少についてのデモグラフィックシミュレーション」,計測自動制御学会 システム工学部研究会,2005
  4. Yuhsuke Koyama,Hiroyuki Kaneko, Ko Ishiyama,,Hao Lee , Hiroshi Deguchi: Lecture of ‘Winner Takes All Society’ through the extended model of the Tragedy of Commons via Hybrid Gaming Simulation On SOARS, International Simulation and Gaming Conference, Saint-Petersburg, 2005
  5. Hiroyuki Kaneko, Ko Ishiyama, Hao Lee, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi: Approaching for the Hybridization of Agent-Based Simulation and Gaming Simulation, International Simulation and Gaming Conference, Atlanta, 2005
  6. 小山友介,「コンピュータゲーム産業への複眼的接近(2)」,日本シミュレーション&ゲーミング学会,熊本学園大学,2005年
  7. 小山友介,「コンピュータゲーム産業への複眼的接近(1)」,日本シミュレーション&ゲーミング学会,工学院大学,2005年
  8. 田沼英樹, 出口 弘, 清水哲男, “エージェントベースシミュレーション言語SOARS-開発の現状,” 第35回計測自動制御学会システム工学部会研究会, pp.60-66, 05 PG0002, 2005.
  9. 出口 弘, 田沼英樹, 清水哲男, “エージェントベースの社会シミュレーション言語SOARSの設計思想とその展開,” 第35回計測自動制御学会システム工学部会研究会, pp.153-158, 05 PG0002, 2005.
  10. 市川学,小山友介,出口弘,都市シミュレーション環境の紹介,日本シミュレーション&ゲーミング学会 秋季全国大会2005年
  11. 市川学,SOARSチュートリアル,第35回計測自動制御学会 システム・情報部門研究会,2005年
  12. 小山友介,石山洸,松井啓之(2005,3): U-Martを用いた170人規模の講義の実施-大規模ゲーミングの可能性と課題-, 計測自動制御学会システム工学部会研究会,pp101-105
  13. 石山 洸, 石西 正幸, 李 皓, 小山 友介, 出口 弘(2005,10): SOARSによる経済・市場シミュレーション環境の設計とその応用, 日本シミュレーション&ゲーミング学会秋季全国大会発表論文集, 2005年10月8-9日, pp34-40
  14. 松井啓之,小山友介,石山洸,小野功(2005,3): 仮想先物市場U-Martを用いた教育-千葉工大における大規模ゲーミング事例より-,進化経済学会論文集第9集,2005年3月26-27日,pp21-34
  15. 金子浩之, 石山洸, 小山友介, 李皓, 出口弘(2005,5): SNGS(SOARS Network Gaming Simulator)を利用したハイブリッドゲーミングの実施, 日本シミュレーション&ゲーミング学会春季全国大会発表論文集, 2005年5月28-29日, pp21-24
  16. 松井啓之, 小山友介, 石山洸, 小野功(2005,5): 仮想先物市場U-Martシステムを用いた大規模ゲーミングの教育事例, 日本シミュレーション&ゲーミング学会春季全国大会発表論文集, 2005年5月28-29日, pp25-26
  17. 金子浩之, 石山洸, 小山友介, 李皓, 出口弘(2005,10): ハイブリッドシミュレーションにおけるファシリテーションの効率化, 日本シミュレーション&ゲーミング学会秋季全国大会発表論文集, 2005年10月8-9日, pp30-33

その他

2004年発表

著作

  1. H. Deguchi , Economics as an Agent Based Complex System, Springer-Verlag, 2004
  2. 佐藤嘉倫・数土直紀・三隅一人・渡辺勉 編集,『社会を〈モデル〉でみる―数理社会学への招待―』,勁草書房,2004年(小山友介)

学術論文

  1. M. Ishinishi, Y. Koyama, H. Deguchi and H. Kita, A Futures Market-based Model for Dynamic Network Resource Allocation , New Generation Computing, Vol. 23, No. 1, 2004
  2. Masayuki ISHINISHI, Yuhsuke KOYAMA, Hiroshi DEGUCHI, Hajime KITA: A Futures Market-based Model for Dynamic Network Resource Allocation,New Generation Computing, Vol.23 No.1 ,p43-p56,2004
  3. H. Tanuma, H. Deguchi, and T. Shimizu, “SOARS: Spot Oriented Agent Role Simulator: Design and Implementation,” Post-Proceeding of the AESCS International Workshop 2004, pp.49-56, 2004.
  4. 出口弘, エージェントベース社会システム科学の数理的基礎 - 社会学習動学による規範ゲームの数理的基礎付け - , 理論と方法、数理社会学会、Vol.19, No.1, pp.67-86, 2004
  5. 出口弘、知の公開圏と公共圏 -コミュニケーションのプラットフォームと意味形成の追跡可能性-、社会・経済システム、Vol,25, pp.41-51, 2004
  6. 出口弘, 組織の失敗と評価のランドスケープ学習, 組織科学, 38巻2号, pp.29-39,2004
  7. 小山友介,小林盾,藤山秀樹,針原素子,谷口尚子,大浦宏邦,「社会的ジレンマ問題への学際的接近」,『オペレーションズ・リサーチ』,Vol49,No.12,p733-p740,2004(招待)
  8. 小山友介,「経済学における進化的視点と新しいアプローチ」,『人工知能学会誌』,第19巻,第6号,p694-p700,2004(招待)
  9. 小山友介,「市場モデルのアーキテクチュア」,有賀祐二(編),『社会ゲームの学融合的展開』,74-90,2004(科学研究費成果報告書)

口頭発表

  1. H. Deguchi, H. Tanuma, and T. Shimizu, “SOARS: Spot Oriented Agent Role Simulator - Design and Agent Based Dynamical System -,” Proceeding of the AESCS International Workshop 2004, pp.49-56, 2004.
  2. Manabu Ichikawa, Hideki Tanuma, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, “A Simulation Model of a Building Fire Using SOARS”, International Simulation And Gaming Association(ISAGA), September 2004
  3. H. Tanuma, H. Deguchi, and T. Shimizu, “SOARS: Spot Oriented Agent Role Simulator -Program and Implementation-,” Proceeding of the AESCS International Workshop 2004, pp.57-64, 2004.
  4. Manabu Ichikawa, Hideki Tanuma, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, "A Disaster Relief Simulation Model of a Building Fire", Proceedings of 2004 AI Simulation and Planning in High Autonomous Systems(AIS), October 2004
  5. Jun Kobayashi, Hideki Fujiyama, Yuhsuke Koyama and Hirokuni Oura: Free-riding and Intergroup Mobility: A Social Dilemma Experiment with the Exit Option, The 99th Annual Meeting of the American Sociological Association San Francisco, 2004
  6. Yuhsuke Koyama, Jun Kobayashi and Hirokuni Oura: A Social Dilemma Experiment with intergroup mobility, International Simulation and Gaming Conference, Munich, 2004
  7. Yuhsuke Koyama, Hirokuni Oura and Jun Kobayashi: Exit for Cooperation: A Simulation Study on Social Dilemmas with Mobility, The 99th Annual Meeting of the American Sociological Association San Francisco, 2004
  8. 田沼英樹, 出口 弘, 清水哲男, “エージェントベースシミュレーション言語SOARSの開発,” 第32回計測自動制御学会システム工学部会研究会, pp.60-66, 04 PG0013, 2004.
  9. 田沼英樹, 出口 弘, 清水哲男, “SOARS: 新しいエージェントベースシミュレーション言語の開発,” 第51回プログラミング研究会 (PRO-2004-3), 情報処理学会, 2004.
  10. 出口 弘, 田沼英樹, 清水哲男, “SOARS: Spot Oriented Agent Role Simulatorの設計と応用,” 第32回計測自動制御学会システム工学部会研究会, pp.53-60, 04 PG0013, 2004.
  11. 石山 洸, 小室秀介, 小山友介, 田沼英樹, 出口 弘, “エージェントベースシミュレーションによる平均・分散モデルの取引リスク評価,” 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2004講演論文集, pp.29-32, 2004.
  12. 石山 洸, 木村裕之, 金子浩之, 田沼英樹, 小山友介, 出口 弘, “SOARS(Spot Oriented Agent Role Simulator)を用いたハイブリッドなシミュレーション環境の設計,” 日本シミュレーション&ゲーミング学会秋季全国大会発表論文集, pp.11-16, 2004.
  13. 石山洸, 小室秀介, 小山友介, 田沼英樹, 出口弘(2004,11): エージェントベースシミュレーションによる平均・分散モデルの取引リスク評価, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2004講演論文集, pp29-32
  14. 喜多一, 小野功, 森直樹, 佐藤浩, 谷口和久, 松井啓之, 中島義裕, 小山友介, 石山洸: U-Mart人工先物市場における教育活動, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2004講演論文集, pp125-130
  15. 入江圭太郎,小山友介,出口弘,ABMによる外国為替市場の研究, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2004講演論文集,pp.7-10
  16. 北窪貴光,小山友介,出口弘,エージェントベースモデリングによる電力市場の制度に関する研究, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2004講演論文集, pp.15-18
  17. 松井啓之, 小山友介, 石山洸, 小野功(2004,6): 仮想先物市場U-Martシステムによるゲーミング実験, 日本シミュレーション&ゲーミング学会春季全国大会発表論文集

その他

2003年発表

著作

  1. 出口弘, 組織発行貨幣がデジタル経済で果たす役割, in 須藤修・出口弘編、『デジタル経済の社会編成原理』第4章, pp.124-153,NTT出版、2003
  2. 『進化的経済学』,E.S.アンデルセン著,八木紀一郎,小山友介,小川一仁,瀬尾崇,馬場真一郎,宮代以作訳,シュプリンガーフェアラーク東京, 2003年(小山友介)

学術論文

  1. M. Ishinichi, H. Deguchi, and H. Kita: Study on a Dynamic Resource Allocation for Communication Network Based on a Market-based Model, Proceedings of the Second International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems (AESCS'02), Springer-Verlag, 2003
  2. H. Lee, and H. Deguchi , Dynamic Resource Allocation of Investment and Competitive Growth, Proceedings of the Second International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems (AESCS'02), Springer-Verlag, 2003
  3. 出口弘, 小澤正直, 集合論的不確定指示子による理論間関係の論理分析, 科学基礎論研究、Vol.28, No.1, pp.23-29,2003
  4. 出口弘, 社会科学における理念型とモデル, 科学基礎論研究,Vol.30, No.1, pp.23-29,2003
  5. 李皓, 出口弘, ハイテク産業の技術競争と政策-エージェントベースシミュレーションによる分析-, 経営情報学会誌, Vol.12 No3, Dec. 2003, pp.95-108
  6. 小山友介,大浦宏邦,「所属集団を変更できる社会的ジレンマモデルの計算機実験」,『シミュレーション&ゲーミング』,Vol13,No2,p169- p178 ,2003

口頭発表

  1. Masayuki Ishinishi, Yuhsuke Koyama, Hiroshi Deguchi, and Hajime Kita: Study on Dynamic Resource Allocation with a Market-based Model, North American Association for Computational and Organizational Systems(NAACSOS 2003), Pittsburgh, 2003
  2. 小山友介,「ビジネスゲームのシミュレーションによる再現と検討」 数理社会学会 慶応大学,2003年
  3. 石西正幸,小山友介,出口弘,喜多一,「通信資源配分のための先渡市場モデルの提案(2)」,計測自動制御学会第28回システム工学部会研究会2003年
  4. 大浦宏邦,石原秀樹,小林盾、針原素子,辻竜平,小山友介,「所属集団を変更できる社会的ジレンマ実験」,計測自動制御学会第28回システム工学部会研究会,2003年
  5. 小山友介,青木俊秀,「「転職ゲームシステム」の構築と実験運営上の諸問題」,数理社会学会 大分大学 2003年

その他

2002年発表

著作

学術論文

  1. 出口弘、システム方法論-エージェントベースアプローチによる社会経済システム論の再構成、社会・経済システム、Vol,23, 2002, pp.22-28
  2. 出口弘, 工業集積上でのオープンものづくり-繰返し単品受注生産システムによる産業構造の創成, 組織科学, 第36巻2号、 pp.38-53, 2002

口頭発表

その他

ページのトップへ
Copyright (C) Deguchi Lab. Since 2002. All rights reserved.
degulab[at]cs.dis.titech.ac.jp